お知らせ

2021/04/29

郷土誌 葉山 第15号発行!

2001年に発足。地方文書(じかたもんじょ)を探索して解読・保存し、学習会、聞き書き、研修旅行などを行い、葉山町の形成過程を研究してきた「葉山郷土史研究会」。同会がほぼ毎年刊行している『葉山 郷土誌』の最新号・15号が、この4月25日に発行されました。同会にとっては、記念すべき20周年号にもなります!

サブタイトルは町制施行90周年記念に町から発行された『葉山町の歴史とくらし』拾遺その5となっており、90周年誌に載せ切れなかった、またはその後見つかった話題で構成されています。

戦後、にぎにぎしく開催された森戸海岸での竜宮まつりの思い出、町保有古文書から見つかった葉山での濁酒醸造や幕末期の浪士手配書の話……など興味深い話題が満載。20周年号だけあって、会の活動内容もたっぷりと紹介され、いつにも増して読みごたえのある内容となっています。

ブックストアでも販売中!